坂本龍一の音楽2

ピアノ音楽などアコースティックのイメージと、
YMO時代やソロ初期から続く電子音楽のイメージ。

坂本龍一に抱くイメージは、いつの時代の音楽を聴くかで変わります。

で、この数年の活動では、昔シンセで作曲したような音楽を
ピアノとかオーケストラで演奏している。

で、音楽が成立してるのがすごいんですよね。

例えば、1980年頃に出たRiot in Lagosは、シンセの歪んだ音でつくられた音楽だけど、
ベースにあるのはアフリカ音楽。

これをピアノで演奏すると。。。
ピアノで演奏するアフリカ音楽、何か全く新しいジャンルの音楽になる。

https://itunes.apple.com/jp/album/riot-in-lagos/id81901964?i=81901934


シンセ版Riot in Lagosは、アフリカ音楽を最先端のハイテクで演奏する
というところに衝撃があったんですが、
ピアノ版Riot in Lagosは、もっと歴史的な文化の衝突みたいなものが
ひとつの音楽に消化されていて、全く新しいジャンルができたって感じます。

at 07:34, OTOLAB, 音/音楽

comments(0), trackbacks(0), - -

坂本龍一の音楽1

坂本龍一の音楽に出会ったのは結構遅くて大学の頃で、
(それまでも耳にはしてるはずですが…)以来ずっと聴き続けてる。

ほとんどの音楽をいつでも頭の中で再生できる、大好きな音楽家です。

坂本龍一の個性は、クラシック音楽を子供の頃から学びながらも、
アカデミックな音楽とロックやジャズなど商業音楽、民族音楽...
どんな音楽でも“同等”に向き合っているところで、
これは坂本龍一の思想に通じるところが大いにあると思います。
作曲にも当然反映されているし、音楽活動以外にも現れている。

あらゆる音楽に精通していて、圧倒的な知識とスキルがあるのだけれども、
知性と同じくらいの情感が同時に音楽に込められている。
他の音楽家から突出しているところは、そういうところだと思います。

有名な映画音楽が多いので、映画音楽家のイメージが強いですが、
実験的な尖った音楽もたくさんつくってる。



色々聴いてみます。
(iTunesにリンクしてるので、短いですが、サンプルが聴けます。)
https://itunes.apple.com/jp/album/+33/id81901964?i=81901903

+33は、ルイ・ヴィトン150周年記念のためにつくられた音楽。
ミニマルな音列が、ピアノ8台(分)で演奏され、
その重なりが複雑な音響を生みながら、クラシックの香りもする
不思議な音楽。

「ピアノ・オーケストラ」というコンセプトが形になった音楽。
とても坂本らしい音楽という気がします。

at 23:57, OTOLAB, 音/音楽

comments(0), trackbacks(0), - -

音と言葉

3歳の娘がどんどん言葉を覚えていき、
いろんな歌を覚えていく。

1年くらい前には全然話せなかったんだから、
その学習力にびっくりします。

少しカタコトを話しはじめた頃、
絵本などを指差して「これは?」とよく僕に聞いてきました。

例えば「りんご」と応えると、僕の口をよーく見ながら、
「もう一回」と言って、繰り返し僕に話させてました。

口の動きをよく見ながらよく聞いて、
聞いた音を真似して言ってみて、
ちょっとずつ聞いた音と言った音を近づけていった。

大人はいろんな情報を本とかネットとかから、
文字で得ることが多いけど、
小さな子どもは文字を読めないから、全て耳で覚えて。

音の聞きとりというのは、書き取りよりも
原始的な人間の能力なのですね。

at 00:01, OTOLAB, 生活・日記

comments(0), trackbacks(0), - -

Bird Listening

森に入って、バードウォッチングならぬバードリスニングするのが好きです。

鳥たちの歌に耳をすませて、口笛で歌を真似てやるんです。

すると、また鳥の方から同じ歌が返ってきたり、

少しメロディを変えて歌ってきたり、

他の鳥が歌のやりとりに入ってきたり...

そんなやり取りを鳥とできて面白い。

そうやって鳥と遊んでると鳥たちは自分の歌声を自分でよく聴いていて、

純粋に歌を歌うことを楽しんでるように感じます。

ウグイスは特に歌が上手で、ホーホケキョという鳴き声を

いろんな高さに移調して歌えるんですよね。

森には、人間が聴こえる領域以上の高周波があふれていて、

それが森にいると気持ちよく感じる理由のようです。

at 03:02, OTOLAB, 生活・日記

comments(0), trackbacks(0), - -

ネガティブポジティブ

ポジティブな言葉しか受け入れないことは、
ネガティブな姿勢だろうと思う。

クソッ!とかボケ!とか言いながら
前に進んで行ったらええやん。

自分に嘘つかんかったら
ええやん。

そうしたら、
いろんなことが許せるでしょう?

僕はそんなことをロックではなく
アートから学んだ。

ダムタイプの古橋が亡くなった歳を追い抜いた。

at 00:13, OTOLAB, 生活・日記

comments(0), trackbacks(0), - -

エドワード・ゴーリー原画展

エドワード・ゴーリーの原画展がグランフロントでやっていて、仕事帰りにふらっと立ち寄った。ゴーリーを初めて知ったのはかなり前のことで、不気味だけれども、どこか可愛げのある黒白の絵の世界に魅かれて、ずっと好きだった。

会場にはゴーリーの絵本がたくさん積んであったから色々読めた。子供が力のなさに不幸な状況に引き込まれ、ついには不条理な死を迎える。そんなストーリーが多い。僕はゴーリーの世界観をこれまでストーリーと切り離して、絵の表現として受け入れてきたけれど、ストーリーと絵を一緒に見ることで、ゴーリーの特異な才能がわかった気がした。その才能は素晴らしいと思うのだけれども、知らないところで不条理な人生を強いられている子供がいると思うと、自分に子供ができたからだろう、胸が締め付けられるような気持ちになる。これまでとは違う視点で作品を見ていることに気づいた。

この社会は大人が作っている。子供は自分の意思で生きる環境を選べない。子供は大人の作った社会を、大人に見守られて、生きている。が、大人誰もが、子供を守ろうとするわけではない。

ゴーリーの絵本を通じて、気づかなければいけないことがある。素晴らしいと思い込んでいる、「人間」という複雑で未熟な動物の闇の部分だ。人間の理性が作り上げた社会という共同幻想にうまく乗っかれない人間が、弱い人間を食い物にする。どれだけ時代が進んでも、社会にはそういう闇の部分が必ず残る。人間の倫理は、成熟しているとは言えないし、世の中に闇があるということを教えてあげるのも、大人の役目なのだろう。

at 22:15, OTOLAB, 生活・日記

comments(0), trackbacks(0), - -

Thank you, Lisa...

always in my heart







友人が亡くなって、その友人のことを何も知らなかったと思う。

どんな人生を送ったんだろう。どんな最期を迎えたんだろう。

どんなひとだったんだろう。



小さな思い出の欠片を取り出したら、

僕の中にいた友人が笑ったり、怒ったりしてる。

あの頃にもっとあんなことを話してたらよかったな、

なんて思ったりして、それが自分への慰めに過ぎないと気付く。



人は変わる。心も身体も変わる。

友人は友人の時間を生きたのだし、

僕は僕の時間を生きている。



その中でほんの少しの時間を一緒に過ごせたんだから、

本当に出会えてよかったなって思う。

忘れっぽい僕がずっと覚えてるんだから、

本当にありがとうって思う。

at 16:31, OTOLAB, 生活・日記

comments(2), trackbacks(0), - -

12音音楽の文脈

前回の投稿、12-tone musicですが、
100年くらい前のヨーロッパで生まれた12音音楽という音楽です。

西洋音楽は、何百年も前から脈々と受け継がれ、
形式やハーモニー、音色などを拡大し進化してきました。
そして、無調音楽にいたり、その先に生まれた
新しい音楽形式が12音技法だったのですね。

初めて聴くとよくわからない音楽ですよね。
普段生活の中ではあまり聴くことのない音楽だし、
でたらめに弾いてるようにも聴こえたり…



実は厳密な規則に従って、音が並んでいるのです。
前回投稿したヴェーベルンのピアノのための変奏曲は、
有名な12音音楽ですが、やはり作曲家の美学やセンスが反映されています。

12音技法の生みの親、シェーンベルクの12音音楽を聴いてみましょう。
聴き慣れないとどちらもあまり変わりなく聴こえるかもしれません。

5つのピアノ曲op.23-1/シェーンベルク




例えば、同じ組織で長く働いていると、
主語がない片言の言葉でも会話が成り立ったりします。
それは、相手がある仕事において同じタイムラインにいて、
何について話しているかすぐに想像できるからですよね。

文脈を共有した上で、会話が成り立つように、
音楽にも文脈を知ることで、わかるものがあります。

で、その上で聴いていると、だんだんと耳が開いてきて
その良さが美的にわかるようになってくる。
現代音楽はそういうところがありますね。



未来のまま通過して行った過去。

最近現代音楽を聴き直すことがあるので、
たまにブログで取り上げてみたいと思います。

at 22:34, OTOLAB, 音/音楽

comments(0), trackbacks(0), - -

12-tone music

大学時代に現代音楽を聴きあさっていた時期があって、
当時は音楽の革新性に“スゲーな”って感想だったのですが、
最近になって聴き直してみると、
当時より味わい深く聴けるようになっていることに気づきました。

これは耳が変化したというか、成長したというか…
やはりその間にいろんなものを聴いてきてるので、
その経験が音楽の聴き方に反映されているのでしょう。

ピアノのための変奏曲/ヴェーベルン


グレン・グールドの演奏ですが、映像も美しい。

at 15:27, OTOLAB, 音/音楽

comments(0), trackbacks(0), - -

胎内の記憶

娘が妻のおなかにいる頃、音楽をプレゼントしたことがありました。


娘がいつもおなかの中で暴れて、妻が苦しそうにしていたので、
何かできないかと。。。


『胎児は20週頃から聞こえるようになる』と聞いていたので、
静かな音楽を聴くと、娘が落ち着くのではと思いつき、
ピアノの静かな音楽を作ってみたのでした。


で、スピーカーをおなかに近づけて音楽を流してみると、
暴れるのをやめて、大人しくなったんですよね。


娘がおなかの中で耳をすまして、
外の世界の音を聴いているのかなと想像していました。


おなかにいた頃に聴かせた音楽は、
寝付けない時など今でも聴かせると落ち着きます。


その音楽を聴きながら、
「お腹の中にいる時に聞こえてた?」と聞くと、「聞こえてた。」と。
「おぼえてるの?」と聞くと「おぼえてる」と。


胎内の記憶、本当にあるかもしれない。
いろいろ聞いてみたい。



音楽のプレゼント

at 01:51, OTOLAB, 赤ちゃんと音楽

comments(0), trackbacks(0), - -