<< 爆音の快楽 | main | 子どもと過ごす部屋のためのBGM1 >>

マザリーズと音色

小さな子供に話しかける時の、
いつもより高い声で抑揚をつけて話しかける話し方を
「マザリーズ」といいます。


どのような国でも、どのような言語圏でも
母親は共通して子供にそのような話しかけをするそうです。
マザリーズとは、『乳幼児の言葉の獲得や
情緒を育む重要な養育行動』です。


大人同士が話す時の、普通のトーンで話しかけるより
マザリーズで話しかけることで、
小さな子供は関心を示し、よく聴こうとします。


マザリーズは、“motherese”だけど
パパだって子供にマザリーズで話しかけるし、
すれ違いの見知らぬ人も
子供にマザリーズで話しかけてくれたりします。


マザリーズを聞くと、少し平和な気持ちになります。
子供向けに発された声の音色が、
とげのない優しい音色だからかな。




声の音色、声のリズム…声が発する情報は、
言葉の意味を解釈する以前に
感覚的な判断でとらえられます。


声はその人の印象を大きく変えますよね。
コミュニケーションの重要な要素ってことです。
いい声を「モテ声」とか言ったりしますし。


ちなみに大人の「モテ声」、あるアンケートによれば、
有名人の1位は、福山雅治さん、仲間由紀恵さんらしいです。


at 10:30, OTOLAB, 生活・日記

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://otolab.jugem.jp/trackback/104