<< 暑い日の音楽 2 | main | 赤ちゃんのための子守歌 3 >>

店舗のBGM

店舗のBGMは、例えば飲食店の場合、
お客さんの属性や好み、料理・サービスの内容、
時間帯などを考慮して選ばれます。

ほとんどの客にとってBGMは流れていても意識しないもの。
ですが、音は人の無意識に心理的、生理的な影響を与えます。

また、時間帯によってお客のニーズは違うでしょうし、
お店の施策も違うでしょう。

例えば、長時間客が滞在することでドリンクの売上が伸びる夜の時間帯と
回転数を上げることで売上を伸ばしたいランチの時間帯では、
同じお店でも適するBGMは違います。

店舗のBGMというのは、条件や目的に合致するように、
ジャンル、アレンジ、楽器、テンポ、リズムなどを
計画するんですね。

BGMによってお店の売上が伸びた例はたくさんありますし、
お店の評価は大きく変わります。
逆に思慮を欠いたBGMは、客離れの原因になります。
商業空間において、音環境の整理は究極のサービスだと思います。


以前このblogでスタバのBGMはいいと書いたことがあるのですが、
ぼくがよく行くスタバは、音空間としては最悪なんです。

客や店員の話し声や食器のガチャガチャする音が、
店内に響き渡って、お客さんが多い時はかなりうるさい。

それでも毎日たくさん客が入ってるのは、
コーヒーの美味しさだけでなく、
BGMによる空間づくりが功を奏してるからだと思います。

設計上、音空間を改善するにはかなりコストがかかりますが、
BGMを変えるだけなら全然ですし、
大きく雰囲気を変えることができます。

----------------------
----------------------

at 12:00, OTOLAB, 店舗とBGM

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://otolab.jugem.jp/trackback/43