<< iPhoneリングトーン3 | main | James Blake >>

かみさまのいたずら

週末、ハービスENTでたなかしん氏の絵本展
(プレ展示だったらしいです)に偶然出くわしました。

壁に飾った絵画がとてもかわいく、
心奪われ釘付けになってしまいました。

非売品と書いてる絵が欲しくなって
その場を立ち去れずにいたのですが、
ふとその場に置いてあった絵本に気付き、
立ち読みしてしまいました。

短くて衝撃的なストーリーに心を揺さぶられて、
泣きそうになってきたので、
やっとその場を離れることができました。


帰りに妻にそのストーリーを聴かせると、
歩きながら泣き出しました。

それまでは、全く知らない作家だったのですが、
「これは出会っちゃったな〜」と思い、
次の日、一目散に絵本を買いに行って妻にプレゼントしてあげました。


「かみさまのいたずら」
かみさまのいたずら

これは大人のための絵本だと思います。
考えさせられる本なので、
子を持つ親にはぜひ読んでみてほしいです。


自分が親になるまで、“子どもは無邪気”なんて
とんでもないと思っていたのですが、
初めて生まれたての赤ちゃんと生活してみると、
思ってた以上に無邪気でした^^

最近では、無邪気に生まれた子どもを
親が無邪気ではなくすのだろうと思うようになりました。

そして、無邪気なまま育ててあげることができるのも
また親なんだろうと。

at 00:00, OTOLAB, 生活・日記

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://otolab.jugem.jp/trackback/62