<< かみさまのいたずら | main | RAKUSUI BGM >>

James Blake

先日、7年ほど前にテレビ局で仕事をご一緒させてもらった
上司と久々に会うことができました。

当時は、夜の11時頃に出勤して真夜中にバリバリ働くという
昼夜逆転の日々を送ってて、世間の生活を逆行して
朝一からお酒を飲んだりしてたのを思い出し、
とても懐かしいです。

そこでチームでの仕事の仕方とか学んだことも多く、
テレビ局の仕事を辞めた後もすごく参考にしてきたので、
今思うとすごく大切な時間でした。



その上司は感性が豊かな人で、当時から
色々な話題からインスピレーションをいただきました。
そして7年が経った今でも感性が共鳴するんだなと
すごく刺激を受けました。

今から10年以上前になると思うのですが、
偶然にも同じ日にAphex Twinのライブに行ってたことがあったりして、
音楽の好みも結構似てて話が楽しいんです。

その日は、James Blakeが話題に上がってたので
改めて聴いてみました。







10年前のAphex Twinと今のJames Blake、
いずれもテクノロジーのアップデートによって表現を拡張された音楽。

そこで思い出したのは、ジミヘンですね。
エレキとブルース。

ジミ・ヘンドリクスはエレキ・ギターによって
革新的な音楽を生み出したわけですけど、
ベースは昔からあるブルースなんですよね。
James Blakeの場合は、ゴスペルっぽいですね。


最高です。
流行に少し乗り遅れてしまってますが
ヘビーローテーションになりそうです。


上司とは再会をきっかけに
今後何か協働できたら最高だな〜とすごく楽しみです。

at 08:00, OTOLAB, 生活・日記

comments(4), trackbacks(0), - -

comment
まさとみ, 2011/12/12 3:46 AM

嬉しいこと言ってくれるねー。
こんな時間まで仕事してるから、なかなか次の都合がつかないけど、是非なんか一緒にしたいなぁ。

OTOLAB, 2011/12/12 10:28 PM

すごい時間まで仕事してますね〜。
お疲れさまです!
また飲みましょうね。ご近所さんになったことだし突然の呼び出し大歓迎っす!
絶対何かやりましょうね〜!

まさとみ, 2011/12/13 1:35 AM

そーいえば、震災の直後に(音楽的に)信頼する複数のミュージシャンが、今はジェームスブレークしか聴けないって言ってて存在を知ってんけど、そういう意味でもゴスペルに通じるもんがあるのかも。またそんな話でも!
落ち着いたら突然さそうわ!

OTOLAB, 2011/12/13 10:22 PM

ゴスペル深い世界でしょうね。
ゴスペルの中には音楽的に複雑でかっこいいものがあって、すごい興味持ってます。
ジェームスブレークも響きの面でしかわからないですけど、ハーモニーとかかなりゴスペルっぽいですよね。
ぼくは聴いてると“祈り”よりも現代っぽい“編集”の感性を感じますが。好きですけど。
つづきは今度会った時っすね!










trackback
url:http://otolab.jugem.jp/trackback/63