<< 赤ちゃんの眠りと音楽 | main | 騒音と順応 >>

赤ちゃんの眠りと音楽2


怖い夢でも見るのか夜中に突然泣き出すことがたまにあって、
そういう時、枕もとに置いてるiPhoneで
いつも同じピアノ音楽をかけてあやします。
そうすると抱っことかしなくても
ひとりで落ち着いて再び眠りにつきます。



どんな音楽を聴くと落ち着くかは、
大人の場合はその人の経験や学習によってそれぞれです。
例えば、ロックの歪んだギターを聴くと気持ちよくなる人も
産まれた時からそうではなくて、
その人の耳の経験と学習の中でそうなっている。

音=空気の振動=外部からの刺激
それに対する反応は、
経験によって変わるもの。



乳幼児の場合、経験や学習が少ないですし、
ロックのギターみたいなノイジーな音じゃなくて、
ピアノとかマリンバみたいな旋律打楽器の音とかが
ほどよい刺激になり、
気持ちを落ち着かせるんじゃないかと思います。



僕は子どもの頃、
ピアノの音を聴くと眠たくてしょうがなくなって、
がまんできずに眠ってました。
姉がピアノを習っていて、よくピアノ教室について行ったのですが、
毎回眠ってしまうので、ピアノを習うことができなかった。

ピアノの静かな曲で眠たくなるとかじゃなくて、
どんなに激しい曲だろうとピアノだととにかく眠くなるので、
大学生になる頃までは自分から進んでピアノの音楽を聴きませんでした。

ピアノの音色の刺激を与えられると眠くなるという習性は、
ピアノ音楽を積極的に聴くという体験が増えると
なくなっていました。


at 11:10, OTOLAB, 赤ちゃんと音楽

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://otolab.jugem.jp/trackback/81